1. HOME
  2. 明浄News
  3. 看護医療系進学コース:介護体験プログラム

明浄News

2014/03/12
看護医療系進学コース:介護体験プログラム

3月12日(水)、阿倍野区社会福祉協議会の方や地域のボランティアの方の協力を得て、1・2年看護医療系進学コース生徒対象の「看護体験プログラム」が開催されました。


ガイドヘルプ体験では、視覚障害についての説明を聞いて、ボランティアの方の実演を見たあと、2人ずつペアになり、アイマスクをつけた友達を介助する体験をしました。
見えないことがどんなに怖いことで、普段私達がいかに多くの情報を目から得ているかを実感しました。階段の昇り降りの声かけのタイミングや狭い場所を歩くときの方法など、介助する側も常に周囲に気を配らなければならないので、とても緊張しました。


車椅子体験では、基本操作の説明を受けたあと、友達の乗った車椅子を押しながら校門を出ました。初めは真っ直ぐに押しているつもりなのに、道路の端に寄っていってしまうことに驚きました。とめてある自転車や電柱の出っ張りを避けながら、自動車とすれ違うときは、少し緊張しました。当日はよいお天気に恵まれ、車椅子に座って受ける風も心地よかったです。学校に戻ったあと、段差やスロープを使っての操作の練習、自走体験もしました。


将来看護の道を目指す彼女達が、今回の体験で学んだことを活かして、思いやりや助け合いの心を育み、社会の中で自分のできることを見つけていってくれればと思います。


  DSC_0112.JPG DSC_0126.JPG


  DSC_0125.JPG DSC_0139.JPG 


  DSC_0136.JPG DSC_0078.JPG


  DSC_0129.JPG DSC_0130.JPG

明浄News一覧へ

PAGEUP