1. HOME
  2. 明浄News
  3. 2年連続で「歌会始の儀」に入選!!

明浄News

2013/01/16
2年連続で「歌会始の儀」に入選!!

1月16日(水)に皇居・宮殿で開かれた、「歌会始の儀」に本校2年生の瀬利(せり)由貴乃さんが入選者10人の1人として招かれました。
今回は、米国などを含む17カ国・地域からの131首、点字での28首を含む計1万7800首が選考対象となっており、本校においては昨年度の伊藤可奈さんに続く2年連続の入選という快挙となりました。

今年のお題は「立」。瀬利さんは、昨年5月の金環日食の際多くの人が空を見上げる姿を見て感じた「たくさんの人が同じ時間と思いを共有するすばらしさ」を歌に詠みました。
 「人々が同じ時間に立ち止まり空を見上げた金環日食」

本校では、日ごろから授業などで生徒全員が和歌や俳句作りに取り組んでおり、その成果がこのような形で実を結び、生徒・教職員一同心からに喜んでいます。今後もこの取り組みを通し、生徒たちの感性が豊かに育まれ、あらゆる場面で活躍できる人材に成長していってくれればと思います。

明浄News一覧へ

PAGEUP