1. HOME
  2. 学校案内
  3. 国際教育:実践報告

学校案内/国際教育 実践報告

実践報告

2015年1月17日
国際交流 最終日  International Exchange, Last Day
2015年1月15日
韓国密陽生 授業参加  Miryang Students Join the Class
2015年1月13日
韓国密陽(ミリャン) 国際交流  Korea, Miryang International Exchange
2014年11月17日
台湾高校生国際会議②  Taiwan High School Students International Conference 2
2014年11月15日
第9回台湾高校生国際会議に参加  Join the 9th Taiwan High Schools International Conference
2014年8月29日
韓国 交流提携校訪問 無事帰国しました  South Korea Exchange Program is Done Safely.
2014年8月25日
韓国 交流提携校訪問②  South Korea, UNESCO SCHOOL Visiting 2
2014年8月25日
韓国 交流提携校訪問  South Korea, UNESCO SCHOOL Visitting
2014年4月26日
マリスト校短期留学最終日~マリスト校お別れ全校集会  The last day of short term exchange program, farewell greeting to Marist students.
2014年4月24日
マリスト校短期留学7日目  Marist Short Term Exchange Program, day 7
2014年4月24日
マリスト校短期留学6日目~京都観光へ  Marist Short Term Exchange Program, Day 6
2014年4月22日
マリスト校短期留学5日目  Marist Short Term Exchange Program, Day 5
2014年4月21日
マリスト校短期留学4日目  Marist Short Term Exchange Program, Day 4
2014年4月19日
マリスト校短期留学3日目  Marist Short Term Exchange Program, Day 3
2014年4月18日
マリスト校歓迎全校集会  Marist High School, Welcoming Ceremony

2014年度

2015/01/17
国際交流 最終日  International Exchange, Last Day

1/15(木)、密陽女子高との交流も最終日になりました。
2年生の外国語選択授業(韓国語)では、「習った韓国語で話そう!」をテーマに、密陽の場所や国旗を描くクイズをしたり、韓国の伝統衣装である韓服を着せてもらったりしました。


いざ韓国語で話をしようとすると、恥ずかしい気持ちと通じるのかどうかという不安で、なかなか声を発することができずに戸惑いましたが、話をし始めると、ドラマやK-POPの話で盛り上がり、連絡先を交換したり、写真を撮ったりして楽しく過ご...すことができました!!


昼休みのお別れのあいさつでは、密陽の生徒代表が「一生忘れることのできない思い出ができました。」と日本語でこの交流の感想を話してくれました。引率の先生も、「この交流が今後も続くことを願っています。明浄生と先生方の細やかな配慮に感銘を受けました。」と言ってくださいました。

韓国に戻ったら、この交流を通して学んだことや感じたことを多くの友達に伝えてほしいと思います。

On the last day of our exchange with Miryang girls' high school, our 2nd grade students in the Korean language class decided on the theme of "Talk in Korean that we learned in class". Students from Miryang high school gave them some quizzes about the Miryang area and the meaning of the Korean national flag. Meijo students also had the opportunity to wear Korean traditional costumes.
At the beginning of the class, Meijo students were nervous because they were not sure about their Korean pronunciation and felt a little embarrassed, but once they started talking, they enjoyed talking about K-POP and Korean dramas. At the end of class, students exchanged contact information and took pictures. It was an enjoyable class for all the students involved.
In the farewell greeting session, the representative students from Miryang girls' high school gave a speech in Japanese, and said "We have many wonderful memories during our stay. We'll never forget this." The teacher from Miryang said 'We hope this exchange program will continue. We are impressed by the students' enthusiasm and humbled by the teachers' kind hospitality.'
After returning to Korea, we hope that they will tell many of their friends what they learned and felt through this international exchange program.

 

        1421385905898.jpg

     1421366708433.jpg1421366703809.jpg

1421366718539.jpg1421366706342.jpg

実践報告一覧へ

2015/01/15
韓国密陽生 授業参加  Miryang Students Join the Class

2泊3日のホームステイのあと、1/13(火)より蜜陽生が本校の授業に参加していました。
1年生による校舎案内のあと、英会話やダンス、音楽の授業に加え、本校独自の和歌や茶道の授業にも参加し、日本の伝統や雰囲気を楽しみました。
書道の時間には、蜜陽生の好きな言葉からイメージした漢字一文字を半紙に書いたり、英語の時間には、日本と韓国の世界遺産について英語で教え合ったりし、さまざまな授業を通してお互いの絆を深めました。

ユネスコクラブとの交流会では、お互いの学校で取り組んでいる活動を韓国語、日本語、英語でプレゼンテーションを行いました。文化や言語が違っても、お互いを尊重し理解することの大切さと、共に協力し合うことを学びました

 

10915314_403156379851303_862263088957083468_n.jpg10868081_403156506517957_8945713213884715329_n.jpg

1487259_403156443184630_3659397225075982076_n.jpg988455_403156533184621_3098833201468823321_n.jpg

10353557_403156543184620_8729807149814329583_n.jpg10457542_403156476517960_5900461583230534452_n.jpg

14303_403156413184633_5124676126954974704_n.jpg 10906509_403156789851262_1637809174804141253_n.jpg

 

 

いよいよ本日が最終日となりました。

お昼休みに密陽の生徒と先生からお別れの挨拶があり、「日本での思い出は一生忘れない」と話してくれました。

密陽生の皆さん、そして明浄生の皆さん共に大変充実した国際交流になったと思います。

After 2 days of home stay, students from Miryang girls' high school joined our classes on January 13th.
1st year students introduced our school and Miryang students joined the English conversation class, dance lesson, music class, traditional Japanese poem and tea ceremony class. They enjoyed the Japanese style class and atmosphere.
In the calligraphy lesson, the students chose a favorite Kanji and tried paper writing. In the English class, students discussed the Japanese and Korean world heritages in English. Through these activities, students from both countries deepen the bonds and build new friendships.
In the cultural exchange between both UNESCO clubs, each high school gave their presentation about the volunteer activities that they were working on. Presentations were given in 3 languages; Korean, Japanese, and English. They learned importance of understanding and respecting each culture, and the importance of international cooperation.
On the last day during the lunch break, we had a farewell greeting for the Miryang girls' high school, and they said "We'll never forget the wonderful memories and thank you for everything."
The international exchange program for both Miryang girls' high school and Meijo girls' high school is a great opportunity to deepen our understanding of both cultures.

実践報告一覧へ

2015/01/13
韓国密陽(ミリャン) 国際交流  Korea, Miryang International Exchange

韓国の密陽女子高等学校より5名の生徒と引率の先生が、1月10日(土)関空に到着しました。

密陽女子高は本校と同じ「ユネスコスクール」です。この交流は、ホームステイや授業参加に加え、お互いの学校が取り組んでいるユネスコスクール活動を発表し合い、学びを共有することを目的としています。
 

韓国3.jpg

 

 

1月12日(月)には、密陽の生徒とホスト生とともに神戸へ校外学習に行きました。
震災メモリアルパークでは、阪神大震災の当時の様子や、今年で震災から20年になることなどを学びました。
その後、ポートタワーや南京町など神戸の街を観光し、お互いの絆を深めました。

 

韓国.jpg韓国4.jpg

韓国2.jpg韓国5.jpg

 

 

本日より、密陽女子高等学校の5名の生徒が本校の授業に参加します。5名の生徒、そして引率の先生より、職員室で挨拶が行われました。

Five students and their teacher from Miryang girls' high school, South Korea, arrived at Kansai International airport.
Miryang girls' high school is the one of the UNESCO SCHOOLS in Korea. In this exchange program, students from Miryang will experience home stay and join the classes in Meijo. Also, students from both schools will have an opportunity to share their activities that they are working on.
On January 12th (Mon), we visited Kobe with the Miryang students.
At the memorial park of the 1995 Hanshin Awaji earthquake, students learned about the devastating event and the rebuilding of the city. It's been 20 years since the earthquake.
From today, the 5 students from Miryang girls' high school will join our classes. We exchanged greetings and introduced them our students', teachers and staff.

 

韓国1.jpg

 

 

 

 

実践報告一覧へ

2014/11/17
台湾高校生国際会議②  Taiwan High School Students International Conference 2

Day3
今年の会議のテーマのひとつに、「映像作成や発表を通して高校生が視野を広げ、世界を俯瞰する力をつける」というものがあり、明浄生は2本のムービーを披露しました。

『恋するフォーチュンクッキー 明浄Ver.』の英語版と、本校で行っているエコキャップ活動についてのムービーです。
『恋するフォーチュンクッキー』は海外生徒にもとても好評で、明浄の明るく元気な雰囲気を一瞬で伝えることができました。エコキャップ活動のムービーは、全校生徒で取り組んでいる、ペットボトルキャップを集めてワクチンに変える活動の目的や内容などを、英語で分かりやすく紹介しています。

ムービー披露後は、エコキャップに関するクイズや英語での質疑応答も行いました。約1時間に及ぶプレゼンテーションは、たいへん充実したものとなり、各国の高校生と情報を共有するための良い時間となりました。

P1150686.JPGP1150696.JPG

P1150746.JPG


Day4
プレゼンテーションと合わせて、本会議のメインイベントであるボランティア活動 "Walk for Water"がスタートしました。台湾と国交のあるアフリカのスワジランドに灌漑設備を造るため、台湾の街中を歩き募金活動を行う活動です。
台湾の農業を潤したダムとして有名な烏山頭ダムにも行き、台湾の街並みや市民の方との交流も楽しみながら、元気に活動を行っています!!

Day3
The theme for this year: "To broaden perspectives and develop a global outlook." Meijo students made two videos, and they showed them at the conference.
The first video was an English version of "Koisuru fortune cookies dance, Meijo ver." introducing our school and activities. The second video was about the activity of gathering plastic bottles' cap.
"Koisuru fortune cookies dance" was very popular, and we could show our school spirit and atmosphere. The Eco Cap video, explained the activity of gathering plastic bottle caps and to be sold for vaccines given to children in developing countries.
After the video presentations, we did a quiz, and had a question and answer session. The presentation was about an hour, and it was very successful. Our students felt great in promoting our eco cap activity to raise the awareness of the vaccine problem faced by children in developing countries.

Day4
The Main event, "Walk for Water" has begun. This is the project of building a dam and irrigation facilities in Swaziland, Africa by doing fund raising activities in Taiwan. Students walk around the city of Taiwan, going store to store and, explaining the problems in Swazliand and asking for donations. It was also a great experience for students to learn about Taiwan and communicate with many locals.
Our final activity was visiting the famous Wushantou Dam.

P1150789.JPGP1150806.JPG

P1150808.JPGP1150817.JPG

実践報告一覧へ

2014/11/15
第9回台湾高校生国際会議に参加  Join the 9th Taiwan High Schools International Conference

11/9(日)から7日間、台湾の彰化市で台湾高校生国際会議が開催され、本校生徒4名が日本代表として参加しています。
この会議では、テーマに沿って英語で討論をしたり、現地で参加国の高校生と共にボランティア活動を行ったりします。

Day1
台湾に到着後、バスで会議を主催している彰化高級中学校に向かい、台湾生徒の温かい歓迎を受けました。
明浄生の到着時には、歓迎の歌を歌って迎えてくれました。この日から、台湾生徒の家庭にホームステイをしています。

IMG_2632.JPGP1150329.JPG

P1150348.JPGP1150361.JPG


Day2
彰化高級中学校の校舎見学、参加生徒との交流会ののち、台湾生が作成したビデオを全員で見ました。このビデオは、社会の問題点(いじめやスマートフォンの使いすぎ等)や社会で大切にしたいこと(伝統文化や若者の夢)をテーマにしたものでした。
午後からは、welcome partyがあり、明浄生も練習してきた踊りを披露し、たいへん盛り上がりました。

From November 9th, the Taiwan High School International Conference was held for one week in Changhua City. Four students from Meijo Gakuin joined the conference as one of the Japanese representatives.
In this conference, we discuss world issues in English, and will join volunteer activities with students from other countries.

Day1
After arriving in Taiwan, we visited Changhua National High School. They welcomed us with open arms with a welcoming song and performances. From today, we will experience home stay.

Day2
We had a school tour and exchange meetings. We watched the movie that Changhua students made. The theme for their video was "Social issue; Are cellphones over taking our lives?" and "What to value in society; traditional cultures and dreams of the young generation."
In the evening, we had a welcoming party. Every school did a performance and we sang a popular Japanese song and performed a dance.

P1150521.JPGP1150657.JPG

実践報告一覧へ

2014/08/29
韓国 交流提携校訪問 無事帰国しました  South Korea Exchange Program is Done Safely.

最終日の8/26(火)、両校のユネスコクラブ部員が集まり、活動発表会を行いました。
<発表内容>
明浄  ・ユネスコ世界フォーラムへの参加について
     ・エコキャップ回収運動...
     ・エコキャップアート
     ・room to read活動 など

蜜陽  ・給食残飯ゼロ活動
     ・earth hour キャンペーン(消灯など)
     ・多文化家庭の子どもに韓国文化を伝える活動 など

それぞれの学校で取り組んでいる活動を、明浄生は韓国語で、蜜陽生は日本語で発表しました。出発前から何度も練習を重ね、本番ではその成果を十分に発揮できたようでした。

短い間でしたが、ホームステイや授業参加、クラブ交流を通して、お互いの関係をさらに深めることができ、とても充実した5日間を過ごすことができました。

On the last day, August 26th, both members of the UNESCO Club gathered, and did a presentation.

<Theme>
Meijo
・Joining the UNESCO world forum.
・Eco caps collection activity.
・Eco cups art.
・Room to room activity.

Miryang
・No leftover for lunch activity
・earth hour ・earth hour campaign
・activity for telling Korean cultures to children who have other cultures

Both Miryang and Meio students did a presentation about the activities that they are working on in each school. Miryang students spoke in Japanese, and Meijo students spoke in Korean. They spend a lot of time and put much effort in their presentations and it was a great for all the students involved.
Despite being a short stay, all the students were very grateful for the experience. They could make a deep connection, exchange ideas and build friendships through home stay, class activities and UNESCO club.

 

1409222801520-1[1].jpg
 
 
 1409222793116[1].jpg1409222804026[1].jpg
 
 

1409222795974[1].jpg20140827_183348[1].jpg

 
 
 

 

 

実践報告一覧へ

2014/08/25
韓国 交流提携校訪問②  South Korea, UNESCO SCHOOL Visiting 2

8/23(土)の午後に韓国に到着した本校生徒2名は、ホームステイ先の生徒とショッピングに出かけたり、韓国料理を食べたりと充実した週末を過ごしました。

本日8/25(月)より、学校に登校しています。職員室で、韓国語で訪問のあいさつと自己紹介をした後、英語や国語、美術の授業に参加しました。蜜陽(ミリャン)の生徒の歓迎を受け、授業が終わるたびにたくさんの友達から声をかけてもらったようです。昼食は、学食でおいしくいただきました。(写真5枚目がメニュー)

明日はいよいよ、メインイベントのユネスコクラブの活動発表です。韓国語で発表します!!

On August 23rd (Sat), 2 Meijo students arrived in South Korea. They enjoyed going shopping and having Korean food with their host families.
From today, August 25th (Mon), Meijo students will go to Miryang girls' high school. They introduced themselves in the staff room in the morning, and after that, they joined the English class, Korean language class, and art class. Miryang students welcomed them warmly, and many Miryang students talked to Mieijo students after the class. They also had lunch in cafeteria. The food served at lunch was very different compared to Meijo's cafeteria.
The main event of this trip is coming up tomorrow. They will give a presentation, and it will be in all Korean.

1408943049472.jpg1408943039499.jpg

1408942958332.jpg1408942963973.jpg

 

1408942969508.jpg1408942971556.jpg

 

実践報告一覧へ

2014/08/25
韓国 交流提携校訪問  South Korea, UNESCO SCHOOL Visitting

8/23(土)~8/27(水)までの5日間、韓国の密陽(ミリャン)にある密陽女子高等学校に、ユネスコクラブの生徒2名が訪問しています。

密陽女子高も本校と同じ「ユネスコスクール」です。ホームステイや授業参加に加え、お互いの学校が取り組んでいるユネスコスクール活動を発表し合うことを目的としています。

8/23の午後、無事に釜山に到着し、密陽まで車で向かいました。待ち合わせの場所では、先生やホスト生の大歓迎を受け、2人とも元気にホームステイ先に行き週末を過ごしています。

From August 23rd (Sat) to 27th (Wed), 2 students from Meijo who belong to UNESCO club are visiting Miryang girls' high school in South Korea.
Like Meijo Gakuin, Miryang high school is also "UNESCO SCHOOL". They will experience home staying, classes, and presentation about the activities that each school is working on.
In August 23rd, Meijo students arrived in Busan safely, and then headed to Miryang. At the meeting point, teachers and students from Miryang girls' high school welcomed Meijo students, and they left with host families. They will spend a weekend with host families.

 7.jpg2.jpg

1.jpg3.jpg

4.jpg5.jpg

6.jpg

 

実践報告一覧へ

2014/04/26
マリスト校短期留学最終日~マリスト校お別れ全校集会  The last day of short term exchange program, farewell greeting to Marist students.

4月18日(金)から9日間にわたり行われてきた短期交換留学も本日が最終日です。

留学最後の授業はこの1週間、3-8の生徒と共に練習してきた英語落語の発表会です。言葉に合わせてジェスチャーをつけたり、表情を変えたりと各班で工夫を凝らしたすばらしい落語を発表してくれました。

 落語1.jpg落語2.jpg

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3限目には体育館でマリスト校お別れ全校集会を開きました。校長先生より「短期留学終了証」を授与された3名の留学生は照れながらも誇らしい様子でした。留学生からの日本語での感想では「また、日本に帰ってきたいです」という言葉で締めくくられていました。この短期留学がマリスト校、明浄学院両校にとって更なる発展につながること願っています。 

送別4.jpg送別1.jpg送別2.jpg送別3.jpg

オーストラリアの姉妹校マリストシスターズからの3名の留学生たちとも本日でお別れです。
短い間ではありましたが、ホストファミリーと生活を共にし、本校の生徒たちと学んだこの9日間は、留学生たちにとって一生の思い出に残る、新鮮かつ有意義な時間だったと思います。

It is the last day of the 9 day short term exchange program (started from April 18th).
The last day was an English Rakugo presentation. They have practiced over and over with the 3rd grade students in the advanced class. They used various gesture and facial expressions to tell their story. It was wonderful presentation.
In the third period, we held a farewell gathering with all the students in the gymnasium. The School principal gave each exchange students a certificate of the short exchange program. They looked a little shy but very proud of themselves being able to adapt and learn so much at Meijo. An exchange student told us "I want to come back to Japan someday." We hope that this exchange program continues to grow for both Marist and Meijo.
It is the last day of exchange program from Marist high school, Australia. Despite being a short term program, they spent lots of quality time with their host family and had a unforgettable 9 days in Australia.


実践報告一覧へ

2014/04/24
マリスト校短期留学7日目  Marist Short Term Exchange Program, day 7

本日、マリスト校の生徒は1限目に落語の授業を受けた後、大阪城へ観光に行きました。

1限目の落語の授業では本番のリハーサルを行い、最後の調整をしました。

大阪城では甲冑をかぶったり、大阪城を背景に記念写真を撮ったり、留学当初に比べるとマリスト校の生徒も緊張が無くなってきたように感じました。

Today, Marist students did a rehearsal for the Rakugo presentation, then after that, they headed to Osaka castle for some sightseeing activities. At the Osaka castle, they wore traditional samurai armor, and took pictures with castle.

 

落語1.jpg落語2.jpg大阪城.jpg大阪城1.jpg

実践報告一覧へ

2014/04/24
マリスト校短期留学6日目~京都観光へ  Marist Short Term Exchange Program, Day 6

4月23日の創立記念日にマリスト校の生徒と本校の生徒で京都観光に行ってきました。

まずは、木目込ストラップ作りを体験し、世界に一つだけのストラップを作りました。とても色鮮やかで綺麗なストラップができあがりました。その後、八坂神社など東山地区を観光し、おみくじを引いたり、写真を撮ったり、日本の歴史を感じつつ楽しんでもらいました。

First, they tried making a wood strap, and they made an original strap that is only one in the world.
They are very colorful and beautiful. After that, they visited some famous shrines and historical places, and tried a Japanese style fortune telling. They took pictures and traveled around Kyoto like going back in time to experience Japanese history.

 

京都1.jpg京都2.jpg京都3.jpg京都4.jpg

実践報告一覧へ

2014/04/22
マリスト校短期留学5日目  Marist Short Term Exchange Program, Day 5

本日で留学4日目を迎えました。

留学生の本日の予定は、1限目:Japanese Lesson、2限目:英語(俳句)、3限目:英語落語(2回目)、4限目:日本史、5・6限目:製菓実習、7限目:箏曲体験でした。

 

マリスト3-6.jpgマリスト3-8.jpgマリスト3-4.jpgマリスト3-6ゲーム.jpgマリスト2年製菓.jpg琴1.jpg琴.jpg

 

英語の授業では俳句を考えたり、日本史の授業では明日、明後日と観光する大阪城や高台寺について学びました。落語や箏曲体験など、日本の文化を沢山学んだ一日となりました。

Plan for today; 1st period Japanese lesson, 2nd period English Haiku, 3rd period English Rakugo, 4th period Japanese history, 5th and 6th period cooking, 7th period Koto music lesson
In English class, they wrote Japanese Haiku, and in Japanese history class, they learned about Osaka castle and Kodaiji temple which they will visit 2 days later.
They experienced making Rakugo and playing a Koto, it was a great experience.

実践報告一覧へ

2014/04/21
マリスト校短期留学4日目  Marist Short Term Exchange Program, Day 4

本日のマリスト校の生徒の予定は

1限目:Japanese Lesson、2限目:書道、3限目:調理実習、4限目:政治経済、

5限目:家庭科、6限目:保育(造形・言語)、7限:茶道体験 でした。

 

1-6授業.jpg3-5授業.jpg3-3授業.jpg3-1授業.jpg2-4授業.jpg3年造形授業.jpg茶道体験.jpg茶道.jpg

 

明浄学院の生徒たちもマリスト校の生徒と打ち解けて笑顔で会話を交わしていました。

中には「英語をもっと勉強しておけば良かった!」という生徒もいました。

Plan for today; 1st period Japanese lesson, 2nd period calligraphy, 3rd period cooking, 4th period political economy, 5th period home economics, 6th period nursing, 7th period tea ceremony
Meijo students got along with Marist students, and they enjoyed talking about many things. Some student said "I should have studied English more!"

実践報告一覧へ

2014/04/19
マリスト校短期留学3日目  Marist Short Term Exchange Program, Day 3

本日から早速マリスト校の生徒がクラスに入り、授業を受けています。

1時間目にJapanese Lesson、2時間目に英語落語、3時間目に音楽の授業を受けました。

 

マリスト1.jpgマリスト5.jpgマリスト2.jpgマリスト3.jpg

 

英語落語の授業は4回する予定で、最終日にはマリスト校の生徒も含めてグループで作った落語の発表会が行われます。どのような作品ができあがるか大変楽しみです。

 

放課後にはユネスコクラブの生徒たちが歓迎の気持ちを込めて交流会を開きました。

最初は緊張が見えていたマリスト校の生徒もゲームをしていくうちに緊張がほぐれ、

笑顔でコミュニケーションをとってくれていました。

From today, Marist Students joined our classes.
1st period was Japanese lesson, 2nd was English Rakugo, and 3rd period was music lesson.
English Rakugo lesson will be done over 4 classes and a Rakugo presentation will be held in the last day.
We look forward to seeing the Rakugo presentations!
After school, students who belong to UNESCO club welcomed Marist students and held an exchange meeting. At first, Marist students looked nervous, but gradually they relaxed and talked a lot about their daily lives and the differences between their cultures.

 

マリスト4.jpgマリスト6.jpg

 

実践報告一覧へ

2014/04/18
マリスト校歓迎全校集会  Marist High School, Welcoming Ceremony

本日6限目、オーストラリアの姉妹校であるマリスト校より、3名の生徒が、「第6回短期交換留学生」として本校を訪れました。マリスト生たちは、本日より約1週間、本校で授業を受けながら日本のホストファミリーの家で生活を共にします。

マリスト歓迎10.jpg マリスト歓迎3.jpg

歓迎集会では、留学生と引率の先生の紹介が行われた後、バトン部、ダンス部、空手部、吹奏楽部による歓迎パフォーマンスが行われ、会場は手拍子に包まれ大いに盛り上がりました。


マリスト歓迎2.jpgマリスト歓迎5.jpgマリスト歓迎6.jpgマリスト歓迎4.jpg

 

マリスト校の生徒は早速、2-6の生徒と一緒に華道の授業に参加しました。日本ならではの文化を楽しんでもらいました。

マリスト歓迎7.jpg華道.jpg

7限目には3-7の生徒たちがマリスト校の生徒に校舎案内を行い、緊張しながらも英語でしっかりと案内をしてくれました。

マリスト歓迎8.jpgマリスト歓迎njpg.jpg

明日から3名は各授業に参加しながら、本校の生徒たちとも交流を深めます。
短い時間ではありますが、日本での留学生活がすばらしいものになるよう、共にたくさんの思い出を作りたいと思います。

In the 6th period, 3 students from Marist high school, Australia joined us as the 6th short term exchange students. They will stay in Japan for 7 days with their host families and attend our classes.
At the welcoming ceremony, the exchange students and a teacher were introduced, and after that, the Baton twirling club, Dance club, Karate club, and Brass band club did a welcoming performance. After each performance, there was a great round of applause, and all the students were excited.
Marist students had a flower arrangement lesson with our 2nd grade advanced class students. It was their first time to experience such a Japanese traditional culture and enjoyed the class very much.
In the 7th period, 3rd grade advanced students showed Marist students around the school. Meijo students looked nervous at first, eventually were able to calm their excitement and spoke in English to explain our school.
From tomorrow, Marist students will join the classes and will make new friends with Meijo students. It is a short stay, but we hope that they could experience a lot and have lots of wonderful memories over the week.

実践報告一覧へ

2013年度

2014年2月3日
ワンワールド フェスティバルに参加!

2014年2月1日と2日の2日間、大阪市天王寺区の大阪国際交流センターで行われた「ワンワールド フェスティバル」に、生徒会メンバーと明浄ユネスコクラブ(MUC)のメンバーが参加しました。
本校では、生徒会とMUCが中心となり、学校規模でさまざまなボランティア活動に取り組んでいます。今年は、Room to Readという教育機会に恵まれない世界の子どもたちのために、発展途上国に図書館を建てる活動をメインに取り組んでいます。
「高校生だからできること!」をテーマに、読み終わった本やいらなくなった本を全校生徒、教職員から集め、ワンワールドフェスティバルで出展したブースでお客様に募金という形で好きな本を選んで持って帰っていただきました。

来場してくださった方々は、みなさんたいへん熱心に話を聞いてくださり、生徒たちは募金活動以外にも、伝える大切さや思いを表現することの必要性を実感したようでした。

みなさんのあたたかいご支援のおかげで、図書館建設のための募金は、74,370円集まりました。ご協力本当にありがとうございました。


            P1070725.JPG  IMG_0165.JPG

   P1070718.JPG  P1070729.JPG

   P1070750.JPG  P1070777.JPG

   P1070782.JPG  P1070784.JPG

   P1120871.JPG  P1120927.JPG

   IMG_0439.JPG  IMG_0438.JPG

実践報告一覧へ

2014年1月23日
韓国密陽女子高校から生徒が来校!

1月11日~15日まで、韓国密陽女子高校の生徒5名と引率の先生1名が本校を訪問しました。


3日間のホームステイと2日間の授業参加、ユネスコクラブとの交流会、大阪城ツアーなどを体験しました。すでに、本校の生徒が昨年8月に密陽女子高校を訪問したときに、本校生がホームステイでお世話になった生徒たちの来校でしたので、昔からの友だちが訪ねて来たときのように仲良く過ごせました。


ホームステイ中にはUSJや京都などを訪問し、日本の文化や雰囲気を感じたり、家族との食事でよりお互いが近づいたようでした。
授業では、お互いの国の世界遺産を学習してクイズに答えたり、音楽の時間には日本の童謡を歌ったりして交流しました。また、ユネスコクラブとの交流会ではお互いが活動紹介を行い、特に、今回は、密陽女子高校の生徒たちは、日本語で自分たちのクラブ活動に関しての報告をしました。


お互いの活動を理解しあい、共に協力できることに気づきあえる有意義な時間となりました。短い時間ではありましたが、より深くお互いを理解しあえる学校交流となりました。


         P1000147.JPG 20140115_115249.jpg  

         P1000159.JPG P1000167.JPG

         P1000169.JPG P1000184.JPG

         P1000217.JPG P1000220.JPG

         P1070664.JPG P1070671.JPG

         P1070677.JPG P1070687.JPG

         P1070692.JPG P1070703.JPG

         P1070709.JPG P1120794.JPG

実践報告一覧へ

2013年12月24日
台湾高校生国際会議 活動報告会

12月24日(木)1・2限目に、10月に6日間台湾高校生国際会議に参加した生徒たちによる活動報告会が行われました。活動報告会は台湾に行ったメンバーが在籍するクラス(2年看護・1年特進)を対象に、LL教室にて行われました。


授業内容は台湾に関するクイズ、国際理解によく使われる単語を用いたビンゴ大会、2013年度台湾高校生国際会議に関するプレゼンテーション、2011年度の台湾でのボランティア活動”Walk for Water”のDVD鑑賞、最後に、授業に参加した生徒たち全員に今回の授業で学んだことをポスターにまとめてもらうポスターセッションでした。


生徒たちはクイズを回答する時間にはみんなで相談しながら一緒に考えたり、LL教室の一番前の大きな白いスクリーンに答えを映しながらの答え合わせでは自分の回答に一喜一憂したりと、積極的に授業に参加していました。また、ビンゴ大会では単語を一緒に発音したり、ビンゴになった時には「ビンゴ!」と大きな声で手を上げたりと、大盛り上がりでした。


今回の授業の一番のメインである2013年度台湾高校生国際会議に関するプレゼンテーションでは、台湾に行ったメンバー4人がそれぞれ台湾での会議の様子やWalk for Waterの目的や活動、台湾での生活についてパワーポイントを使用してプレゼンをしました。緊張はしていたものの、一度台湾で大勢の人びとの前でのプレゼンテーションを経験していたので、落ち着いて発表できていました。それから2011年度のDVDを流したので、この授業に参加している生徒たちも自分のクラスメイトたちが台湾でどのような経験をしてきたのかを目で見て想像できたと思います。


最後のポスターセッションではあまり時間が無い中、2年生を中心に高校生らしいセンスでうまくきれいにまとめてくれました。


今回の授業で台湾に行った生徒たちは、外国での異文化交流で自分たちの経験してきたことや感動したこと、悔しかったことなどいろいろな思いをクラスメイトに伝えられ、また、授業に参加した生徒たちも自分のクラスメイトたちが外国でこんなにすごいことをしてきたんだ、頑張ってきたんだということを感じることができたと思います。台湾に行った生徒もそうでない生徒もお互いの思いを知り、それを共有することができ、良い刺激を受けたことでしょう。


PC240898.JPG PC240914.JPG


PC240919.JPG PC240935.JPG


PC240929.JPG PC240911.JPG


PC240953.JPG PC240964.JPG


実践報告一覧へ

2013年11月4日
UNESCO2013アジア太平洋地域高校生ESDフォーラムに参加

11月2,3,4日、堺市産業振興センターでUNESCO2013アジア太平洋地域高校生ESDフォーラムが開催されました。


アジア7カ国から高校生を迎え、協創的ディスカッションという手法で、世界の持続可能な発展のために高校生ができることは何か話し合いました。
本校を含む大阪ユネスコスクールネットワークの生徒たちは、6回の準備セミナーで学んだことを生かし、フォーラムの運営にたずさわりました。


本校からは1年生5名、2年生1名がスタッフとして、3年生1名と卒業生1名がサポートスタッフとして加わり、海外ゲストに「来てよかった!」と言ってもらえるフォーラムにするために頑張りました。
フォーラムは「堺宣言」を採択し、来年11月に岡山で開催される「ユネスコスクール世界大会~高校生フォーラム」での再会を祈念して閉幕しました。


  IMG_9042.JPG IMG_9694.JPG


       IMG_9777.JPG

実践報告一覧へ

2013年11月1日
UNESCOアジア・太平洋地域高校生ESDフォーラム タイの高校生が来校

11月2~4日に開催されるUNESCO2013アジア太平洋地域高校生ESDフォーラムを前に、タイ王国ウボン・ラッチャターニー市のベンチャマ・マハラート高校(Benchama Maharat High School)から4名の学生と引率の先生1名が来校されました(フォーラムの様子に関しては、「UNESCO2013アジア太平洋地域高校生ESDフォーラムに参加」をご参照ください)。


校内を案内した後、大阪&明浄クイズやゲーム・アクティビティー、華道体験、など4つの授業に参加してもらいました。2年生のクラスでは、タイの高校生たちは民族衣装に着替え、伝統的なダンスを披露してくれました。
放課後は、MUC(Meijo Unesco Club)の生徒たちと交流し、その後はホームステイを引き受けた生徒の家庭先へと向かいました。


本校での短い滞在中、タイの学生たちも明浄生たちも、身振り手振りで必死にコミュニケーションを取ろうとする姿が印象的でした。


PB010477.JPG P1110798.JPG P1110794.JPG

P1110826.JPG P1110835.JPG P1110846.JPG
                民族衣装を着て、ダンスを披露してくれました
P1110880.JPG P1110883.JPG P1110859.JPG
                   明浄生たちもタイ舞踊に挑戦!
            PB010444.JPG  PB010451.JPG
                  英語の授業で「明浄&大阪クイズ」♪
PB010467.JPG PB010468.JPG PB010470.JPG
                    折り紙にも挑戦してもらいました
PB010486.JPG PB010487.JPG PB010488.JPG


    PB010505.JPG PB010523.JPG
                    華道の授業で生け花に挑戦♪
 PB010520.JPG PB010521.JPG PB010522.JPG

実践報告一覧へ

2013年10月28日
第8回高校生国際会議in台湾:帰国 (DAY6)

台湾六日目の最終日は、朝10時にホテルを出発して空港に向かいました。日本チームはアメリカやカナダの学生より早い便だったので、日本チームだけで彰化高校の生徒たちと一緒にバスに乗りました。空港に向かう前のホテルでは涙なみだのお別れで、写真を撮るひまもないほど生徒たちは別れを惜しんでいました。

この台湾国際会議で明浄生はたくさんのことを学びました。他国の学生たちと交流を持って、日本では経験できないことを実際に体験して視野を広げ、大きく成長しました。これを将来につなげていき、どんどん周りに発信していってくれることを願います。


  2013.10.27台湾Day 6.jpg 2013.10.27台湾Day 6 2.jpg

実践報告一覧へ

2013年10月27日
第8回高校生国際会議in台湾:台北観光 (DAY5)

台湾五日目は、一日中台北で観光をしました。

まず初めにバスで中華民国総統府に行き、みんなで記念写真を撮りました。次に国立中正文化中心という蒋介石の像がある所に行き、儀仗隊という警護する人たちの交代儀式のショーを見ました。そして西門町に行き、日本へのお土産などショッピングを楽しみました。最後に台北101というショッピングモールに行き、そこでは夜景を見るために91階まで世界最速のエレベーターで上がり、台北市内を見渡しました。ホテルに行ってからは、各国の生徒たちはお菓子パーティーをしたりいろいろ話をしたりと、台湾最後の夜を楽しんでいました。

2013.10.27台湾Day 5 1.jpg 2013.10.27台湾Day 5 2.jpg


2013.10.27台湾Day 5 3.jpg 2013.10.27台湾Day 54.jpg


2013.10.27台湾Day 5 5.jpg 2013.10.27台湾Day 56.jpg



実践報告一覧へ

2013年10月26日
第8回高校生国際会議in台湾:walk for water, etc! (DAY4)

台湾四日目は、Walk for Waterで一日が始まり、前日訪れた烏山頭ダムの周りを歩きました。そしてダムをバックにスワジランドの大使との会議が行われ、大使がアフリカの水不足の状況を説明し、水の大切さやいかに自分たちが恵まれているかを説いてくださいました。この会議の様子は新聞に掲載されるそうで、たくさんの写真を撮っていただきました。 

そして夕食の後はバスで台北に向かい、夜は夜市に行きました。彰化高校の生徒たちがいろいろなところを案内してくれ、明浄生たちは日本へのお土産をたくさん買っていました。その後はホテルに向かい、明日は一日台湾観光をする予定です。

  台湾day4 1.jpg 台湾day4 2.jpg


  台湾day4 3.jpg 台湾day4 5.jpg


  台湾day4 7.jpg 台湾day4 4.jpg


            台湾day4 6.jpg


  台湾day4 10.jpg 台湾day49.jpg 台湾day4 11.jpg


         台湾day4 12.jpg 台湾day4 8.jpg




実践報告一覧へ

2013年10月25日
第8回高校生国際会議in台湾:walk for water! (DAY3)

台湾三日目の朝はホストファミリーとお別れをして、いよいよWalk for Water が始まりました。募金活動のために彰化市の駅を通って市役所に行き、市長から寄付を頂きました。 


そこからバスに乗って家齊女子公立高校に行き、授業に参加して自分の国のボランティアについて説明したりして交流をしました。 


最後に、台湾の農業を潤したダムとして大変有名な烏山頭ダムに行きました。そのダムは八田與一という日本人が作ったダムで、彼の像や家を見学しました。彰化高校の生徒が日本語でも説明してくれ、日本人の生徒への優しさを感じました。 


それからホテルに向かい、夕飯の後はダンスやゲームなどをして、どの国の生徒たちも大いに楽しんでいました。

  台湾day3 1.jpg 台湾day3 2.jpg


  台湾day3 3.jpg 台湾day3 5.jpg


  台湾day3 6.jpg 台湾day3 7.jpg


台湾day3 4.jpg 台湾day311.jpg 台湾day3 8.jpg 台湾day3 13.jpg



台湾day3 10.jpg 台湾day3 9.jpg 台湾day3 12.jpg


  台湾day3 14.jpg 台湾day315.jpg



実践報告一覧へ

2013年10月24日
第8回高校生国際会議in台湾:プレゼンテーション!(DAY2)

台湾二日目は、プレゼンテーションとパフォーマンスを披露しました。プレゼンテーションは全て英語という状況の中で、一人ずつ緊張しながらも発表を終えると、いいアイディアだったと高評価でした。パフォーマンスは浴衣を着ての傘踊りとソーラン節で、客席に一緒に参加するように求めると、あっという間に舞台は彰化高校の生徒さん達でいっぱいになり、大盛り上がりの舞台発表は大成功に終わりました。

   プレゼンテーションとパフォーマンス以外にも、休憩や昼食の時間に名刺交換をしたり、歌を歌った
り踊ったりと、他国の生徒さん達との交流を深めていました。


             台湾day2 11.jpg
台湾day2 1.jpg 台湾day2 2.jpg

台湾day2 3.jpg 台湾day2 8.jpg

台湾day2 5.jpg 台湾day2 6.jpg 台湾day2 7.jpg

台湾day2 9.jpg 台湾day2 10.jpg

台湾day2 12.jpg 台湾day2 13.jpg 台湾day2 16.jpg

台湾day2 14.jpg 台湾day2 15.jpg

実践報告一覧へ

2013年10月23日
第8回高校生国際会議in台湾:代表生徒4名が出発!! (DAY1)

10月23日(水)、台湾チームは朝7時5分発の飛行機で台湾に向かい、空港からはバスで彰化高校に向かいました。彰化高校に着いてバスを降りると、彰化高校の生徒さん達の、歌を歌いながらの熱烈な歓迎を受けました。


まず最初に、翌日会議が行われる図書館に案内されました。お昼ご飯や学校案内のツアーの時間まで生徒さんが2人に1、2人ずつついてくれ、こちらの質問に丁寧に答えてくれたり、ゲームなどをしてこちらが暇になったり不安になったりしないように楽しませてくれました。 


次に、2時間にも及ぶ学校案内のツアーがありました。学校内の建物1つ1つを、生徒さんがお芝居のようにしてわかりやすく説明してくれ、笑いありの楽しい学校案内でした。 


最後に、1時間の天文学のツアーがありました。パソコンで操作する望遠鏡で金星を観たり、プラネタリウムを観たりしました。普段このような機会がないので、どの国の人たちもとても興奮した様子でした。 


これで一日が終わり、明浄生はそれぞれのホストファミリーのお迎えでホームステイ先へと向かって行きました。 


彰化高校の生徒さん達とのやりとりはすべて英語という状況の中で最初は戸惑いも感じられましたが、台湾人の生徒さん達の情熱的で親身な対応に非常に感動し、台湾一日目を存分に楽しんでいました。


Taiwan day1 3.jpg Taiwan day1 2.jpg


Taiwan day1 5.jpg Taiwan day1 4.jpg


Taiwan day1 1.jpg Taiwan day1 6.jpg
                 

              Taiwan day1 7.jpg

実践報告一覧へ

2013年10月21日
第8回高校生国際会議in台湾:代表4名が台湾(駐大阪)弁事処を表敬訪問

10月24日~28日の5日間、台湾で行われる「第8回高校生国際会議(The 8th International High School Youth Leadership Conference Taiwan 2012)」に、本校は5年連続日本代表として招聘され、今年も4名の生徒が参加します。この会議は、高校生の国際的な視野の育成を目的とし、テーマに沿って英語で討論をしたり、ボランティア活動を行ったりするイベントです。


会議のテーマは、“Reading + Action=Change the world High school student volunteers and leadership(読書と行動によって世界を変える、高校生のボランティア活動とリーダーシップ)”です。参加生徒は、このテーマに沿ったエッセイをそれぞれ英語で作成し、何週間も前からプレゼンテーションの準備をしてきました。 


また、今年は世界から集まった生徒たちが共に50キロのチャリティーウォークをします。アフリカの現状を知らせ、水を得るための基金を集めます。集まったお金はスワジランドの水プロジェクトのために使用される予定です。


出発に先立ち、本日は代表生徒4名と引率教員2名をはじめ本校教職員が台湾(駐大阪)弁事処を表敬訪問しました。
文化教育課長の黄冠超氏を前に、代表メンバーは自己紹介とともに国際会議への出発報告などをいたしました。


  2013.10.21台湾弁事処表敬訪問.jpg 2013.10.21台湾弁事処表敬訪問1.jpg

実践報告一覧へ

2013年8月26日
韓国密陽女子校訪問

8月26日(月)


8月24日(土)から5日間の日程で行われている「韓国密陽女子校とのユネスコ交流活動」に、本校から5名の生徒が参加しています。


24日(土)に日本を出発した一行は、2日間のホームステイを終え、いよいよ学校を訪問しました。

英語の授業ではグループワークに参加し、そのまとめを英語で発表しました。国語の時間には、お互いが知っている歌に、韓国語で歌詞をつけて替え歌を作り、最後にその歌をグループごとに歌いました。大変楽しい授業でした。お昼は学校の食堂で給食を食べました。韓国の生徒のみなさんと楽しい体験をしています。


13.08.26_mituyo01.jpg 13.08.26_mituyo02.jpg

13.08.26_mituyo04.jpg 13.08.26_mituyo03.jpg

実践報告一覧へ

2013年8月24日
韓国密陽女子高校へユネスコ交流活動

本日、8月24日、韓国密陽女子高校に本校ユネスコクラブの生徒5名が出発しました。

四泊五日の日程でホームステイと学校訪問を体験します!みんな希望に胸を膨らませて元気に旅立ちました。


13.08.24_mituyo01.jpg

実践報告一覧へ

2012年度

2013年2月6日
ワンワールドフェスティバルに参加

2013年2月2日と3日の2日間、大阪市天王寺区の大阪国際交流センターで行われた「ワンワールド フェスティバル」に、生徒会メンバーと今年度台湾国際会議に参加した生徒が参加しました。両日とも出展したブースでは、本校で取り組んでいるRoom to Read という本のない国の子どもたちのために図書館を建てる取り組みやアフリカのスワジランドという国の現状を紹介しその支援活動である灌漑施設建設のための募金活動などを行いました。
 また、2日のセミナープログラムでは、台湾国際会議で活動を共にした沖縄尚学高等学校、宮城石巻好文館高校の生徒たちと一緒に、台湾国際会議について紹介し、そして、台湾彰化高級中学の生徒と行ったWalk for Waterというアフリカのスワジランドへの灌漑施設建設のための活動報告を行いました。この活動を主催しているのはアメリカのHeart for AfricaというNGO団体です。今回、その代表者であるJanine Maxwellがスワジランドから駆けつけ、セミナープログラムではスワジランドの現状についてスピーチし多くの人に活動を広めました。

みなさんのあたたかいご支援のおかげで、灌漑施設建設のための募金は、139,228円、Room to Readへの募金は35,794円集まりました。ご協力本当にありがとうございました。





2013年2月1日
生徒会:エコキャップの贈呈式

1月30日、明浄学院と大阪星光学院、近隣の郵便局の方々と共に、エコキャップの贈呈式を行いました。

明浄学院と大阪星光学院は、昨年から各学校でペットボトルのキャップを集めポリオワクチンに変えるという活動をしています。今回、近隣の郵便局でも同じエコキャップ運動をしていることを知り、それぞれが独自に活動するのではなく、お互いが協力し合う方がより良い活動ができるのではと考え、最初のステップとして3団体が明浄に集まり、エコキャップ推進協会の方にキャップを渡すイベントを行いました。全部で約80,000個のキャップをお渡しすることができました。

この運動を通して他校とのつながりだけではなく、地域の方々とのつながりを築くことができ、活動の輪が広がる素晴らしさを実感しました。

また、さらなる活動につながるよう意見交換会をし、充実した時間を過ごすことができました。今後の活動の広がりを楽しみにしてください。



2013年1月15日
韓国密陽女子高校から生徒が来校!

昨年8月に本校生3名と先生1名が、2012年1月に姉妹校の提携を結んだ韓国密陽女子高校を訪問し、様々な活動を通して交流しました。(2012年8月の明浄ニュース参照)

今回は、2013年1月12日(土)~16日(水)まで、韓国密陽女子高校の生徒4名と先生1名が本校を訪問し、本校生徒のお宅へのホームステイや授業参加を通して交流を深めました。

ホームステイでは大阪の食べ物や文化に触れ、学校活動では、ユネスコクラブの生徒との奈良観光や普通授業へ参加しました。

韓国密陽女子高校の生徒たちは日本語を一生懸命使って、また、本校生も韓国語でクラス活動の司会をするなど、お互いが努力しあってコミュニケーションを深めていました。留学生たちはもっと日本語が話せるように勉強して、必ず、また日本に来たいと目を輝かせていました。

また、韓国文化院の院長先生をお招きしての歓迎式では、院長先生からこれからもこの交流を続けて欲しいという温かいお言葉をいただき、小さな一歩ですが、両校の交流の発展を今後も続けたいと強く思いました。







2012年10月27日
第7回高校生国際会議in台湾:Walk for Water

この会議では、テーマに沿って英語で討論するだけではなく、参加者みんなでひとつの目的を持ち、実際に行動に移すという活動が行われています。今年は昨年に引き続き、台湾と国交のあるアフリカのスワジランドに灌漑設備を造るため、台湾の街中を歩き募金活動(Walk for Water)を行います。

本日から、いよいよこの「Walk for Water」がはじまりました。生徒たちは台湾の文化を肌で感じながら、参加者たちはもちろん、街の方々とも交流を深めながら元気に活動を行っています!!



実践報告一覧へ

2012年10月27日
第7回高校生国際会議in台湾:プレゼンテーション

本日行われたプレゼンテーションでは、この会議に参加している各国の代表生徒たちが、それぞれのテーマに関して英語で発表を行いました。本校の生徒たちは、「地球温暖化について私たちができること」、「私たちにとって学校とは何か」、「水資源について」、「絵本が人にもたらす力」というテーマについて、資料を提示したり、クイズを取り入れたりしながら、発表しました。
また、プレゼンテーションの最後には、本校の生徒会ボランティアチームが中心となり、今年の2月に大阪で集めたスワジランドへの募金を、台湾のルイス先生にお渡しすることができました。

夜にはウェルカムパーティーが行われ、各国の生徒がパフォーマンスを披露しました。明浄生は、2,000人を収容できる大きなホールでダンスを披露し、一緒に踊りたいという台湾の学生が何人もステージに上がり、たいへん楽しい時間を過ごすことができました。

実践報告一覧へ

2012年10月25日
第7回高校生国際会議in台湾:開会式

今日は朝から、彰化高校のホールで国際会議の開会式が行われ、明浄生はみんな元気に開会式に出席しました。昼からは、いよいよプレゼンテーションです。練習の成果を発揮し、明浄生ひとりひとりの思いを各国の生徒に伝えたいと思います。

写真は、開会式後、宮城県石巻好文館高校と沖縄県尚学高校の生徒と一緒に。

実践報告一覧へ

2012年10月24日
第7回高校生国際会議in台湾:代表生徒4名が出発!!

10月24日~29日の6日間、台湾で行われる「第7回高校生国際会議(The 7th International High School Youth Leadership Conference Taiwan 2012)」に、本校は4年連続日本代表として招聘され、今年も4名の生徒が参加します。この会議は、高校生の国際的な視野の育成を目的とし、テーマに沿って英語で討論をしたり、ボランティア活動を行ったりするイベントです。
今年の会議のテーマは、"Think Globally Act Locally(地球規模で物事を考え、身近なことから行動をしよう)"です。参加生徒は、このテーマに沿ったエッセイをそれぞれ英語で作成し、何週間も前からプレゼンテーションの準備をしてきました。
昨日は、所属クラスの生徒たちを前に、これまでの練習の成果を発表しました。クラスメイトの前で、緊張しながらも堂々と発表することができ、本番に向けてとても良いリハーサルになりました。

そして本日、本校生徒4名と引率教員1名が、台湾に向けて出発しました。到着後は、会議を運営する国立彰化高級中学校(台湾彰化市)を訪問し、明日から始まる国際会議に向けたオリエンテーションに参加する予定です。
各国代表の生徒たちと交流を深めながら、有意義な6日間を過ごせるようがんばります。

実践報告一覧へ

2012年9月26日
2012年8月に密陽(ミリャン)女子高等学校訪問!

韓国に興味を持つ本校の生徒たちが、韓国語を独習しながら密陽女子高校のユネスコサークルの学生とメールのやり取りをしてきましたが、ついに学校訪問が実現しました。事前に本校のユネスコ活動について韓国語で発表する練習もし、3年生1名、2年生2名が密陽女子高校で2日間を過ごししました。

密陽女子高校ではメールをやり取りをしていた学生と対面し、家庭を訪れたりして親交を深めました。密陽女子高校の生徒たちは2年生で全員日本語を学ぶので、韓国語、日本語、英語の3ヶ国語でどんどん話しかけてきて、とても明るくフレンドリーです。本校生3名も、クラスに入って授業を体験したり、食堂で一緒に昼食を食べたりしながら、たくさんの学生と仲良くなりました。ユネスコ活動を発表しあったときには、本校のエコキャップ運動に大きな関心がよせられました。密陽女子高校の学校を挙げての歓迎をうけ、国境を越えた深い友情を感じました。以下は2日間の大まかな活動内容です。

■訪問1日目8月28日(火)
台風の雨風の中、ユネスコ活動担当のオ先生の車で釜山から密陽へ。
校長先生、教頭先生、諸先生方に会い、職員室で挨拶。
校内見学。校内の食堂で昼食。
メールのやり取りをしている学生と会い、彼女たちのクラスに入って授業体験3時間。
彼女たちの家を訪問し、一緒に食事。(ホームビジット)
台風のために密陽の夜景見学は中止になったが、ホームビジットの時間が長くとれた。
その後も宿泊する韓屋(韓国の伝統家屋)でいっしょにおしゃべり。

■訪問2日目8月29日(水)
台風が通り過ぎて快晴。オ先生の車で密陽演劇村、表忠碑を回り、学校へ。
授業体験1時間。
ユネスコサークルの学生たちと一緒に「残飯がない日キャンペーン」の活動。
嶺南楼など歴史的な場所を見学(学校からとても近い)。
ユネスコサークルの学生たちとの集まりでプレゼントを交換し合い、両校のユネスコ活動について発表しあう。
校長先生に挨拶。電車で釜山へ戻る。



実践報告一覧へ

2012年8月29日
ユネスコクラブ:韓国密陽女子高等学校を訪問

8月28日、本校ユネスコクラブの生徒が韓国密陽女子高等学校との交流のため現地に到着。
密陽女子校の校長先生、教頭先生と対面し歓迎を受けました。

今後、現地では授業に参加したり、ユネスコスクール同士の活動報告会、ホームビジットなどを行います。


実践報告一覧へ

2012年8月01日
短期交換留学inマリスト校:No.2

短期交換留学3日目。
本日も生徒たちは元気にマリストの授業に参加しています。
授業以外でも休み時間やランチタイムなど、たくさんのマリスト生と交流する機会があり、生徒たちは自身の英語力とボディランゲージを駆使しながら、がんばって交流を深めています!




実践報告一覧へ

2012年8月01日
短期交換留学inマリスト校

今年も7月30日~8月10日までの間、オーストラリアの姉妹校であるマリストシスターズにて短期交換留学が行われており、本校より6名の生徒が参加しています。

元気に日本を出発した生徒たちは、7月31日無事にオーストラリアに到着。
マリストシスターズにて、留学中ホームステイをさせていただくホストファミリーの生徒と対面しました。その後、早速授業にも参加し、マリスト生たちと交流を深めながら楽しい時間を過ごしました。

生徒たちは滞在中、いろいろな授業に参加したり、ホストファミリーと生活を共にしながら、英語や異文化について学びます。貴重な経験を通し、一回りも二回りも成長して帰国してくれることを心から期待しています!!



実践報告一覧へ

2012年7月07日
国際交流:アメリカから学生が本校を訪問

6月1日(金)~4日(月)まで、アメリカのミズーリ州から2人の学生が明浄を訪問しました。彼女たちは沖縄尚学高校に1ヶ月間留学している生徒で、自身のボランティア活動を他国の学生に伝える活動をしています。その一環で、沖縄尚学高校と交流のある本校にもその活動を伝えに、そして、日本の伝統文化を学びに来てくれました。
2年生の授業では、彼女たちが取り組んでいるHeart for Africa(主にスワジランド支援)についてプレゼンテーションをしてくれました。昨年、台湾の国際会議で、明浄生もHeart for Africaの活動のひとつである、スワジランドに灌漑設備をつくるための募金活動に参加したため、彼女たちが実際にスワジランドに行ってどのような支援を行っているのか、どのような考えをもっているのかについて、大変興味を示していました。

日曜日には、ホストファミリーの学生と奈良へ行き、東大寺や興福寺といった日本の歴史に触れたり、着物を着てならまちを散策したりと貴重な体験が出来たようでした。
4日間という短い間でしたが、「明浄の生徒と仲良くできて良かった、また来たい」と話していました。


実践報告一覧へ

2012年7月03日
修学旅行inオーストラリア

2年生は、A班が6月26日(火)~7月1日(日)、B班が6月28日(木)~7月3日(火)の5泊6日の日程で、オーストラリアへの修学旅行を行いました。

修学旅行中は、姉妹校であるマリストシスターズの皆さんとの交流活動や、現地の家庭でのファームステイを通し、いろいろな人と直に触れ合い英語でのコミュニケーションにチャレンジしたり、ブルーマウンテンズの観光やシドニーでの自主研修を通し、オーストラリアの自然や文化を肌で感じたりと、本当に充実した6日間を過ごすことができました。この修学旅行で出会った人々、見た景色、感じた思いは、生徒たちにとって一生忘れることのない大切な思い出になりました。
この思い出を胸に、今後もより一層充実した学校生活を送ってくれることと期待しています。

■マリストシスターズ訪問
シドニー到着後、まず向かったのは姉妹校のマリストシスターズです。マリスト校とはここ何年も交流が続いており、毎年お互いに短期交換留学を実施すると共に、昨年からは修学旅行で2年生全員がマリスト校を訪問させていただいています。
本日も、学校はお休みにも関わらず本校の生徒を迎えるためにたくさんのマリスト生が学校を訪れ、とても温かいおもてなしをしてくれました。
はじめは緊張した生徒達も、アボリジニーアート、折り紙、散歩、記念撮影・・・とアクティビティを進めていくうちに打ち解け、片言の英語とボディランゲージを駆使しながら楽しく交流することができました。




特に盛り上がったのが、新聞紙を使ったファッションショーです。グループごとに協力しながら、男女のモデルにすばらしい!?コスチュームをまとわせていきます。どのグループも個性的かつ工夫を凝らした作品が出来上がり、教師陣は生徒たちのすばらしい感性にただただ感心するばかりでした。



交流の終わりにはマリスト生たちが作ってくれた手作りの昼食とデザートをいただき、お別れを前にした生徒たちからは「もっと交流したい・・・!!」との声がこぼれていました。
マリスト生の皆さんと先生方、本当に楽しく充実したすばらしい時間をありがとうございました!!

■ホークスベリーでのファームステイ
マリストシスターズを後にした生徒たちはファームステイのためにホークスベリーへ向かいました。
そこで2日間お世話になるホストファミリーと緊張のご対面!! 生徒たちはホストファミリーと共にそれぞれのファームへと出発しました。
ファームステイ中は、ホストファミリーとの交流はもちろん、動物たちと触れ合ったり、ピクニックやショッピングに出かけたりと、それぞれに充実した時間をすごしました。


■ブルーマウンテンズ国立公園
ホストファミリーとお別れした後、バスはブルーマウンテンズ国立公園へ向かいました。
到着後、シーニックワールドでトロッコに乗り込んだ一行が目にしたのは、一面に広がるすばらしい景色!!! その後、渓谷散策にてブルーマウンテンズの自然を満喫した後、スリーシスターズの見えるエコーポイントにて記念撮影を行いました。当日はとても寒かったのですが、その寒さを一瞬忘れてしまうほどの絶景は、まさにここでしか見ることのできないすばらしいものでした。




■シドニーでの班別自主研修
修学旅行最終日は、タロンガ動物園からスタートし、シドニーでの班別自主研修を行いました。生徒たちは自主研修の班に分かれ、タロンガ動物園でオーストラリアの動物たちと触れ合ったのち、フェリーに乗っていざシドニーへ!! フェリーでは、ポストカードのような景色を堪能しつつ、シドニーでは観光に、ショッピングに、思い思いに充実した時間をすごしました。



実践報告一覧へ

2012年6月25日
修学旅行:結団式

 本日、明日から実施されるオーストラリアへの修学旅行に向けて、結団式が行われました。

2年生は、明日6月26日(火)~7月1日(日)にA班が、6月28日(木)~7月3日(火)にB班が、それぞれ6日間オーストラリアでの修学旅行を実施します。
オーストラリアに滞在中は、姉妹校であるマリストシスターズを訪問し交流活動を行ったり、現地の家庭にファームステイをしたり、シドニーで自主研修を行ったりと、さまざまな活動を行いながらオーストラリアの文化や習慣について学びます。

この旅行でたくさんのことを学び、今よりも一回り成長できるよう、そして何よりも元気に帰国できるよう、みんなで協力して楽しい思い出をたくさん作ってきます!!


実践報告一覧へ

2012年4月27日
短期交換留学in明浄:送別会

4月19日(木)から8日間にわたって行われてきた短期交換留学も本日が最終日。
オーストラリアの姉妹校マリストシスターズからの6名の留学生たちとも本日でお別れです。
短い間ではありましたが、ホストファミリーと生活を共にし、本校の生徒たちと学んだこの8日間は、留学生たちにとって一生の思い出に残る、新鮮かつ有意義な時間だったと思います。

本日行われた送別会では、そんな短期留学での思い出を、1人ずつ日本語でスピーチしてくれました。本校の生徒たちとの絆も深まり、誰もが留学生たちとの別れを惜しみ、退場の際にはその姿が見えなくなるまで手を振り拍手で見送っていました。

2年生は、6月に実施されるオーストラリアへの修学旅行でマリストシスターズを訪問します。再会の日を楽しみに、今後も交流を深めていきたいと思います!!





実践報告一覧へ

2012年4月26日
短期交換留学in明浄:落語と華道に挑戦!

オーストラリアの姉妹校から短期交換留学で本校に訪れている6名の生徒たちは、ホストファミリーや明浄の生徒たちと交流を深めながら、日本での生活を満喫中です。6名とも、授業に!クラブに!課外活動に!と少し忙しい毎日ですが、何事にも積極的に取組みながら多くのことを吸収しようとがんばっています。

3年6組の英語の授業では、English Rakugo『日本の伝統文化のひとつ、落語を英語でしよう!』と題して落語を体験する活動が行われました。

■4月19日、20日、21日:落語の練習
まずはマリスト生に、落語とは何か、扇子と手ぬぐいの役割、落語を楽しむためには想像力が大切であることを、グループに分かれて英語で発表しました。
 その後、グループごとに1週間後に披露する落語の話を選び、練習を始めました。明浄生は落語の動きを、マリスト生は英語の発音をお互い教え合い、3時間一生懸命練習しました。
 
■4月26日:落語披露の日
 教室を落語の舞台に見立てて、2年生を招待し、英語落語が始まりました。みんな少し緊張していましたが、練習した成果を存分に発揮しようとお互いが協力し合って披露していました。
 マリスト生のみんなは、落語に参加できて良かった、動作がうまくできて楽しめたなどと感想を述べてくれました。

 明浄生も、最初は不安だったけれど、最後まで出来てよかった、マリスト生とたくさん触れ合うことができて、良い授業ができたと満足していました。また、英語の難しさや大切さを改めて感じたようでした。


また、放課後のクラブ活動では1年生のクラスと華道体験をしました。
それぞれの花が引き立つように、どう活けるかをペアの生徒とあれこれ悩みながら、日本の文化を体験しました。

どの作品も個性が出ていて、たいへん素晴らしいです。

実践報告一覧へ

2012年4月24日
短期交換留学in明浄:いろいろな授業に参加!!

オーストラリアのマリストシスターズから本校に短期交換留学に来ている6名の生徒たちは、今日も元気に本校の授業に参加し、明浄の生徒たちと交流を深めています。

今回の短期交換留学プログラムでは、留学生たちがすべてのクラスの授業に参加できるようにスケジュールが組まれており、本校の生徒たちは留学生たちが授業に参加するのを今か今かと心待ちにしています!!

本日は、英会話・地理・英語、製菓実習などの授業に参加。2年7組の英語の授業では、グループに分かれて英語でのディスカッションやQ&Aが行われ、生徒たちはボディランゲージも取り混ぜながら一生懸命コミュニケーションをとっていました。


2年生の自由選択科目製菓実習の授業では、クッキーとクレープを製作。こちらも大いに楽しみながらおいしい!?お菓子を完成させました。

実践報告一覧へ

2012年4月20日
オーストラリアの姉妹校から短期留学生来校!!

本日、オーストラリアのシドニーにある姉妹校、マリストシスターズ(Marist Sisters' College, Woolwich校)より6名の生徒と1名の引率教諭が、短期交換留学を行うために本校を訪れました。

6名の留学生はこれから約1週間、本校の生徒(ホストファミリー)の家でホームステイを行いながら、本校の授業やクラブ活動に参加します。

本日は6時間目のHRの時間に、全校生徒による歓迎セレモニーが行われました。生徒たちは、毎年この時期にオーストラリアから留学生が来てくれるのを心待ちにしており、本日の歓迎セレモニーも大いに盛り上がりました。
これから1週間、生徒たちとたくさん交流を持ちながら楽しい時間を過ごし、すばらしい思い出を作ってほしいと思います!!







実践報告一覧へ


実践報告一覧へ

2011年12月17日
台湾と中国への派遣生徒による報告発表会を開催

10月に「第6回高校生による国際会議」で台湾を訪れた生徒及び、11月の「平成23年度日本高校生訪中代表団」で中国を訪れた生徒により、活動内容の報告発表会が行われました。生徒たちは、今回の国際交流で自分たちが学んだことや経験したことを資料にまとめて発表し、会場を訪れた生徒たちは皆熱心に耳を傾けていました。

実践報告一覧へ

2011年11月23日
平成23年度日本高校生訪中代表団に生徒3名を派遣

政府の21世紀東アジア青少年大交流計画における平成23年度日本高校生訪中代表団のメンバーに、本校生徒3名が選抜されました。
3名は、11月23日より1週間、日本高校生訪中代表団団員として中国を訪ずれ、ホームステイや、中国の学生との交流、世界遺産見学を通して、中国の歴史や文化、生活を身近に感じ、国際的な視野を養います。 この活動では特に、中国に同世代の友人をつくることを最大の目的としており、生徒たちは皆積極的に現地の方々との交流を深めていました。

実践報告一覧へ

2011年11月
カナダQueen's Margaret Collegeの学校長が来校

カナダQueen's Margaret Collegeの学校長が来校し、本校吹奏楽部の体験入学などを視察されました。

実践報告一覧へ

2011年10月23日~30日
台湾での高校生国際会議に代表生徒4名を派遣

10月23日~10月30日の8日間、台湾で行われた「第6回高校生による国際会議(The 6th International High School Youth Leadership Conference Taiwan 2011)」に、本校から4名の生徒が参加しました。この会議は、高校生の国際的な視野の育成を目的にしており、テーマにそって英語で討論をしたり、ボランティア活動などを行うイベントです。本校は、今年で3年連続日本代表として招聘されました。今年度のテーマは、「高校生のボランティアとリーダーシップが世界を変える」ということで、滞在中は、会議や討論会、各種イベントへの参加とともに、アフリカの灌漑設備の普及を求めて募金活動をしながらボランティアウォーキングが行われました。
台湾に到着後、生徒たちはまず今回の会議を運営する国立彰化高級中学(彰化高校)に向い、彰化生の温かい歓迎を受けながら、会議に参加する各国の高校生たちと交流を深めました。その後2日目からは、今回のメインイベントである、スワジランドに潅漑設備を普及させるためのキャンペーン活動が行われました。アフリカのスワジランドでは、飢餓と病気(HIV)に苦しむ人々が多く、特に両親を失った孤児がたくさんいます。 このまま何の援助や対策も行われなければ、2020年には大人はひとりもいなくなると言われているスワジランドの人々にとって、今一番必要なのはきれいな水です。今回のキャンペーンでは、寺院に宿泊しながら毎日約20kmのウォーキングを行い、スワジランドに潅漑設備を作るための募金活動を行いました。活動にはスワジランドの大使や彰化市長も来てくださり、みんなで元気にWALK FOR WATERをスローガンに街を歩きながら街頭募金を行ったり、企業や小学校を訪問し、現地の方々との交流を深めながら活動をアピールしていきました。
また、途中、お寺の正面玄関のオープンスペースや、お寺に通じる大きな商店街の入り口、国立の芸術高校などで、現地の方々を前にプレゼンテーションを行い、各国の生徒たちが自身のボランティア活動を発表したり、今回の活動に関して意見を交わしながら「高校生のボランティアとリーダーシップ」についてそれぞれの考えを深めていきました。
今年は会議だけではなく、ウォーキング活動もあったため、全員が同じ目標を持ち、同じ気持ちで行動し、同じものを見て、感じてきました。生徒たちの絆もたいへん強いものになり、お互いに発表し合う言葉も、心に熱く伝わってくるものばかりでした。
お別れのときには、「今日でみんなそれぞれ自分の国に帰るけれども、離れていても心は繋がっているからね」「私たちはチームでもあり、家族でもあるのだから」「これで終わりではないよ、これからが始まりだから」と、皆の気持ちを1つに台湾を後にしました。
日本に帰ってきてからも、この1週間で体験し感じたことを多くの人に伝えながら、今後も多くのことに積極的に取り組み、自分自身を高めていってくれることと思います。

実践報告一覧へ

2011年8月
「アジア・太平洋ESD学び合いワークショップ」に参加(大阪ユネスコスクールネットワークの活動に初参加)
8月18日から20日、文部科学省、大阪府立大学、大阪ユネスコスクールネットワークが主催するワークショップ、「アジア太平洋ESD学び合いワークショップ」が開催され、本校からは1年生2名、2年生2名、合計4名が参加しました。
初日は大阪府立大学構内で海外からの参加者のプレゼン等をききましたが、2,3日目は大阪の北のてっぺん、能勢で泊まり込みのワークショップでした。
参加者は、小学校8校、中学校3校(うち1校は福島県)、高等学校17校(うち1校は福島県)から。大阪以外の参加校は、福島のほか、京都、奈良、神戸、札幌、東京、岡山から。海外からの参加者は韓国、中国、フィリピン、タイから。(それぞれ通訳がつきます)
そこに国内外12大学で学ぶ大学生が加わります。
参加者は14の「ファミリー」に別れ、話し合ったり活動したりしながら、年齢、地域、国境を越えてつながることを学習しました。自然豊かな能勢で、かつてダイオキシンで汚染された田畑の話を聞きました。
福島からの参加者の発表や話も聞きました。最終日には参加者が「ファミリー」ごとに自分たちの思いを発表しました。そして、たくさんの思いを共有してワークショップを終了しました。
本校は今年から大阪ユネスコスクールネットワークに参加しました。これからも、学校の壁や国境を越えて活動していきたいと思います。

実践報告一覧へ

2011年7-8月
Marist Sisters' College Woolwichへ第5回短期交換留学
7月25日より、6名の生徒がオーストラリアの姉妹校マリストシスターズでの短期交換留学に参加しました。留学中は、現地の生徒たちと一緒に授業に参加したり、ホストファミリーと生活をともにしながら、英語や異文化について学びます。
オーストラリアに到着した生徒たちは、ホスト生に学校を案内してもらったのち、10日間お世話になるリン先生やフィッシャー先生の授業を受けました。 オーストラリアの国旗やアボリジニーの旗について、学習したり、グループでゲームを楽しんだりしました。
また、全校生徒を前に行われた集会では、ひとりひとりが英語でスピーチをし、「たくさん友達を作りたい」や「英語をたくさん話したいので、いっぱい話しかけてください」という彼女たちの言葉に、大きな歓声があがっていました。
マリストでは、現地の生徒たちに混ざって、体育や、英会話とディベート、デザインテクノロジーなどさまざまな授業に参加しました。
英会話では、オーストラリアの動物について学び、デザインテクノロジーでは、サッカーをするロボット作りに挑戦しました。 ディベートの授業は少し難しく、明浄生はマリスト生の意見を聞き取るのに一生懸命でした。6人ともすっかりマリスト校に馴染んでおり、一緒に楽しく授業を受けたり、校舎の至るところでマリスト生と話をしたりしています。
28日は、1年に一度のAthletics Carnival(スポーツ大会)の日で、朝からシドニーオリンピックの練習場として使われたフィールドに行き、スポーツを楽しみました。 今日の一番のポイントはなんといっても、生徒のコスチュームです。 生徒は6つのcollege houseに別れて、それぞれのhouseの色の服を着るのです。思い思いの格好をした生徒たちが、一生懸命競技に参加していました。
短期留学最終日には、 朝から出発の2時まで、写真を撮ったり、全員で輪になってランチを食べたりと、時間が許す限り明浄生はホスト生と一緒に過ごし、最後の半日を満喫していました。出発のときには、 「絶対またオーストラリアに戻って来るから待ってて」「今度は日本に来て」などとそれぞれがお別れの言葉を交わし、10日間お世話になったマリスト校をあとにしました。

実践報告一覧へ

2011年7月23日
韓国蜜陽女子高校の先生方が来校
2011年7月22日(金)に、韓国ユネスコスクール蜜陽女子高等学校から、国際交流担当の先生と日本語の先生が本校を訪問してくださいました。
学校施設、授業見学のあと、韓国文化に関心のある生徒たちとの交流会も持ちました。本校生徒の披露したダンスに大きな拍手をいただき、本校生徒たちの作ったミニアルバムをあちらの生徒さんたちに託しました。今後は生徒同士の交流をいろんな形で深めていきたいと思っています。

実践報告一覧へ

2011年7月19日
東日本大震災の被災地の写真洗浄のお手伝いをする
生徒会のボランティアチームは、7月15日(金)より本校から歩いて10分位のところにある「ハートフレンド」というNPO法人で、気仙沼市から届いた被災地で泥だらけになった写真の洗浄作業をお手伝いしました。
大切な思い出の詰まった写真がきれいになるとうれしいのですが、インクが劣化してしまって、写っている絵が消えてしまうととても悲しい気持ちになりました。でも、被災地から遠い大阪でも、募金以外のボランティアができてよかったと思います。

実践報告一覧へ

2011年7月17日
他校と共同で大和川清掃活動、東日本大震災募金活動
2011年7月17日、生徒会ボランティアチームは、星光学院、梅花高校、大教大池田高、東山高校(京都)のみんなと大阪梅田周辺3ヶ所で東日本大震災の募金活動を行いました。
たまたま宮城県仙台市から出張で来ていた会社員の方が募金してくださり、「がんばってね」と声をかけていただき、炎天下の中でしたがとてもさわやかな気分になりました。
また、7月10日には、学校の近くを流れる大和川の清掃活動も行いました。日ごろは見過ごしてしまいがちな河川のごみも、いざ目を向けると人の手によって捨てられたものばかり。私たちは私たち自身で自然環境を壊し、自身が住みにくい社会を作ってしまっているのだと改めて感じました。
今後も、他校と一緒にいろいろな活動に取り組みながら、活動内容を学校のみんなにも発信していきたいと思います。

実践報告一覧へ

2011年7月14日
大阪日本語サミットに参加
2011年7月14日。大阪の中央公会堂で開催された「2011年日本語サミットin大阪 希望と平和」に、生徒会ボランティアチームとユネスコクラブのメンバーを中心とした希望生徒、約30名が参加しました。海外12カ国から日本語を学習しに来ている若者たちの、大阪の印象や日本への思いを聞く事ができ、私たちにとって当たり前だと考えていることが、彼らにとっては新鮮な発見であることに気づき、異文化理解の面白さや大切さに触れることができました。

実践報告一覧へ

2011年6月
オーストラリア修学旅行でファームステイを実施
Marist Sisters' College Woolwichに第5回学校訪問(4年ぶり)

2年生はオーストラリアにて修学旅行を実施しました。生徒たちは各グループに別れてファームステイを体験。ユーカリの木が一面に広がる広大な土地で農業体験をしたり、南十字星を見たり、アボリジニーペインティングをしたりと、それぞれの家庭でオーストラリアを満喫しました!
最初は慣れない環境と英語に緊張をしていましたが、各家庭の温かさに触れ楽しい時間を過ごすことができました。
その後、ホークスベリーのファームステイ先を出発した一行は、ブルーマウンテンを観光後シドニーへ移動し宿泊。シドニーにある本校の姉妹校Marist Sisters' College Woolwich校を訪問し、マリストの生徒たちとの交流しながら楽しいひと時を過ごしました。当日は、マリストの創立記念日ということで、明浄代表生の英語での挨拶のあと、生徒運営のイベントに参加しました。 講堂では、歌やダンス、バレエなどの披露があり、マリスト生の素晴らしいパフォーマンスに明浄生もたいへん盛り上がっていました。 また、マリスト生と一緒に昼食を食べながら、楽しそうにジェスチャーを交えて会話をしている様子に、みんなの成長が感じられたように思います。

実践報告一覧へ

2011年5月
Meijo Unesco Club結成
明浄がユネスコスクールに認定されたのをきっかけに、明浄ユネスコクラブが発足されました。「グローバルな視野で物事をとらえ、自ら考え、発信しよう。また、対話によりその思いを共有すると共に、私たちにできることを考え、行動しよう!!」 そんな目標のもと、仲間たちで元気に活動を行っています。
毎回の活動には、ネイティブスピーカーの先生が参加され、指導して下さっています。現在は週2回、英語で世界の出来事などについて話し合っています。今後は、話し合いの中で見つけた「私たちにできること」を形にしようと、古本を集め、それを新しい本に変えてアフリカに送る活動などを始める予定です。学校の壁や国境を越えて、たくさんの人と関わりながら、幅広い活動をしていきたいと思います。

実践報告一覧へ

2011年4月
エコキャップ収集活動
生徒会のボランティアチームは、「エコキャップ収集運動」をはじめました。
チームは全校生徒に呼びかけ、ペットボトルのキャップを集めています。ペットボトルのキャップ800個が1人分のポリオワクチン(20円)になり、世界にいるこのワクチンを必要とする子どもたちのもとに送られます。「世界を知ろう!今、私たちにできること」という生徒会のキャッチフレーズを形にする活動です。少しでも多くの生徒に協力してもらえるよう、各クラスに備え付ける収集箱も作りました!!みんなで協力し、この活動を盛り上げていきたいと思っています。

実践報告一覧へ

2011年4月
生徒会ボランティアプロジェクトチームが本格的に募金活動と学用品を集める活動を始め、全校で活動が盛り上がる 集まった学用品とメッセージを東北大学と宮城教育大学へ送る
4月22日(金)放課後、この2週間学校でみんなに協力してもらって集めることができた文房具の荷作りをしました。
2B鉛筆、シャープペンシル、消しゴムなど、品物毎に数を数えて、それを紙に書いて、ダンボールに貼りました。また、学校のみんなに書いてもらった応援メッセージをきれいに色画用紙にはり、各ダンボールに1枚ずつ同封しました。今回は全部で4箱になりました。無事に東北の学校に届くとうれしいです。
生徒会では、継続して文房具を集めます。みなさんのあたたかいご協力、引き続きお願いします。

実践報告一覧へ

2010年度

2011年3月17日
東日本大震災をうけて急遽募金活動を行う
3月17日(木)、阿倍野区民ホールにて本校吹奏楽部によるチャリティーコンサートが行われました。時折激しく雪が舞う中、500名を超える方々にご来場いただき、ホールは満員のお客様で埋め尽くされました。
このたびの東日本大震災で、多くの方々が被害にあわれている今日、皆様に感動と勇気を与えられるコンサートにしたい!という思いを胸に、生徒たちは元気いっぱいすばらしい演奏とステージを披露しました。
このチャリティーコンサートでは、本校生徒会のボランティアチームも一緒に、震災のための募金活動を行いました。参加した生徒たちは、多くの方々が快く募金してくださることに大変感激していました。

実践報告一覧へ

2011年3月
JICA高校生国際協力スプリングセミナー2011に参加
昨年度に引き続き、JICA高校生国際協力スプリングセミナーに参加しました。
今回のテーマは、「キャンペーン活動」。世界のさまざまな問題を学習するだけではなく、その後、学習した内容をどのように日本や世界に向けて発信していくのかを考えるものでした。講演や事前学習をした後、明浄生は他校の生徒とグループを組み、学習したことを参考に、自分たちができるキャンペーン活動を考え、資料を作り、発表をしました。
キャンペーンの内容は、「読み書きキャンペーン」(識字率の低い国の子どもたちにどのように文字を教えるか)、「宗教に対する偏見をなくそう」(さまざまな宗教について劇をしながら紹介する)など、どれも高校生らしい視点から伝えており、工夫を凝らしたものばかりでした。

実践報告一覧へ

2011年2月
生徒会ボランティアプロジェクトチームがOne World Festivalを見学
生徒会ボランティアチームを結成するにあたり、国際協力についてや発展途上国について学ぶため、「感じる・ふれあう・助け合う・世界につながる国際協力」をテーマにしたOne World Festivalに参加しました。
発展途上国と日本の関係や、ODAとは何か、ODAのあり方、NGOや企業の活動内容等さまざまな視点から発展途上国の現状を議論する講演を聞き、国際協力とは何か、自分たちにできることは何かを考える良い機会となりました。
また、民族料理を食べることもでき、食べ物という身近なものから、生徒たちは世界を感じ取ったのではないかと思います。

実践報告一覧へ

2010年12月4日~10日
台湾彰化高級中学での高校生国際会議に代表生徒5名を派遣
12月4日(土)~12月10日(金)の日程で、台湾彰化市で行なわれた「高校生による国際会議2010 台湾」に、本校の選抜生徒5名が、日本代表校として参加しました。
「高校生のボランティア活動やリーダーシップが世界を変える」 -第5回高校生による国際会議2010 台湾- と題されたこのフォーラムは、台湾、彰化市彰化高級中学で行なわれ、世界5カ国代表20名、および現地高校生2000名が参加し、高校生が英語で討論することで国際理解を深め、親睦を図るもので、本校は昨年に引き続き2年連続での出場となります。
彰化市彰化高級中学にて行われた会議では、各国代表の生徒たちと現地の高校生たちを前に、プレゼンテーションを行ない、しっかりと準備し練習を重ねた発表は、現地でも大変好評でした!!
会議終了後は、彰化高級中学の校舎を見学し、各ホームルームクラスにて現地の生徒たちと交流を深めたり、スワジランド大使とお会いしお話をさせていただくなど、さまざまな人と触れ合いながら、積極的に文化交流を行いました。

実践報告一覧へ

2010年11月
ユネスコ・スクール加盟承認
国際理解教育を推進している本校。このたび、その実践が認められ、「ユネスコスクール」に認定されました。ユネスコスクールとは、ユネスコ憲章に示されたユネスコの理想を実現するため、平和や国際的な連携を実践する学校であり、世界180の国・地域で8500校以上のユネスコスクールがあります。現在日本では、237校のユネスコスクールがあり、近畿地区の高校では11校が認定を受けています。

実践報告一覧へ

2010年10月
英語落語会見学
7月に引き続き、英語落語会に参加しました。前回とは別の外国人落語家の演目があり、以前とはまた違った雰囲気を楽しみました。話の細かいところまで理解できた、よく分からなかったけれど推測して話を聞くことができたと喜んでいる生徒の姿を目の当たりにし、大変有意義な時間を過ごすことができました。

実践報告一覧へ

2010年9月18日
生徒会がJICA高校生国際協力スプリングセミナー2010の内容を文化祭で発表、文化祭の売上金の一部を「セーブ・ザ・チルドレン」に寄付
2010年の文化祭のテーマは「世界を知ろう-今、私たちにできること」。3月にJICA大阪で、世界のさまざまな問題、特に世界の子どもたちについて学習した生徒会メンバーは、学習した内容を全校生徒にも伝えようと模造紙にまとめました。ストリートチルドレンや子ども兵士、労働を強いられる子ども、フェアトレードについてなどを、写真やカラフルな図を用いて分かりやすく説明しました。
JICA大阪で学んだことは、今まで知らなかったことや、知っていても自分たちとはあまり直接関係ないと思っていたことばかりでした。まずは、世界をよく知ること。そのことが大切だと感じた生徒会メンバーは、情報を共有し、そこから高校生にもできること、高校生だからできることを模索し、生徒会活動に繋げていくことになりました。

実践報告一覧へ

2010年7月27日~8月6日
Marist Sisters' College Woolwichへ第4回短期交換留学7名
今年度は、7名の生徒がオーストラリア、シドニーの姉妹校、マリストカレッジウルリッチ校での短期交換留学に参加しました。現地では、単なる語学研修ではなく、授業に参加し、ホームステイをしながら、マリスト校の生徒たちと生活をともにします。短い期間ではありますが、現地の人々との交流を通し、様々な経験をする中で、ひとまわり大きく成長した姿で帰国してくれることと期待しています。
短期交換留学中、7名の生徒たちはマリスト校のさまざまの授業に参加しています。日を追うごとに現地での生活にも慣れ、日々の授業にも積極的に参加し、現地の生徒達との交流を深めています。また、ホストファミリーとの生活も大変充実しており、週末は一緒に出かけるなど楽しい時間をすごしながらエネルギッシュな毎日を送っています。
参加した7名の生徒達は、ホストファミリーやマリスト校の生徒達と触れ合う中で、本当に色々な経験をすることができました。出発前は英語が話せるか、みんなと仲良くなれるか、と不安に思っていた生徒達も、現地の方々との交流を通し、ごく自然な形で英会話にチャレンジすることができ、また言葉がわからないがゆえのコミュニケーション能力も身に付けることができました。最終日に行われた全校集会では、彼女達のお別れ会が開かれ、全校生徒たちを前に一人一人がこの短期留学での思い出、感謝の気持ちを英語でスピーチしました。

実践報告一覧へ

2010年7月
英語落語会見学
日本の伝統文化と英語を組み合わせた英語落語。日本人の落語家さんたちだけでなく、日本の文化に興味を持った外国人の落語家さんもおもしろおかしく英語で落語を披露してくださいました。どの生徒もあまり馴染みのない落語を英語で聞くというのは少し不安に思っていたようでしたが、みんな大笑いし、自然と文化交流ができていたように感じました。

実践報告一覧へ

2010年7月9日
台湾彰化高級中学の代表生徒14名が本校を訪問
昨年12月、本校から4名の生徒が台湾で行われた高校生による国際会議に参加し、大変貴重な経験をしました。そのときのホストを務めた台湾国立彰化高級中学から、本日、先生2名と生徒14名が本校を訪問しました。
歓迎式典では、彰化中高を訪れた3名の生徒が英語であいさつをし、緊張しながらも、半年振りに会う台湾の友達を前にうれしい気持ちでいっぱいのようでした。彰化中高の生徒によるバイオリン演奏や先住民族舞踊の披露もあり、大変にぎやかなセレモニーとなりました。
その後、筝曲部による琴演奏や、軽音楽部によるJポップのライブもあり、日本ならではの音楽を楽しみました。また、書道部と一緒に書道も体験し、部員から筆の持ち方を教わり、手本を見ながらすばらしい作品を仕上げていました。
1年5、6組の生徒との交流会では、大阪城やたこ焼きなど、大阪の名物を英語で紹介したり、大阪弁を練習したりして大変盛り上がりました。
今回の訪問は1日という短い間でしたが、両校の生徒ともたいへん有意義な時間を過ごすことができました。これからも彰化高級中学と明浄との交流を深めていきたいと思います。

実践報告一覧へ

2010年4月16日~
Marist Sisters' College Woolwichからの第3回短期交換留学生4名受け入れ 英語落語披露
4月16日から、2010年度の短期交換留学がはじまり、今年もオーストラリアの「Marist Sister's Woolwich校」から、4名の生徒が本校を訪れています。
本日は、全校生徒による歓迎セレモニーが行われ、生徒会をはじめ、書道部、バトン部、吹奏楽部、日本舞踊など、各部ならびに有志の生徒たちが歓迎のパフォーマンスを行いました。
短期交換留学中、マリストシスターズの生徒たちは、本校生徒から選ばれたホストファミリーの家にホームステイをしながら登校し、本校生徒とともにさまざまな授業に参加します。本校の生徒たちともすぐに仲良くなり、彼女たちが参加する授業はどれも大盛況です。生徒たちは、英語とボディランゲージを交えながら、積極的に交流を深め授業は大いに盛り上がります。
マリストの生徒たちにとって日本での最後の休日となる日。留学生とホストファミリーの生徒は奈良へ校外学習に行きました。 少し肌寒い1日でしたが、平城遷都1300年の奈良の雰囲気を満喫しました。 東大寺や興福寺の五重塔などの世界遺産を見学したのち、ならまちでは、自分達で色や柄を選んだ着物を着付けてもらい、昔ながらの奈良の町並みを着物で歩きました。
短期留学最終日には、留学生たちが3年生特進クラスの生徒たちと共に練習した「落語」の発表会が行われました。1年生の生徒たちをはじめ、たくさんのお客さんでにぎわう会場に、はじめはかなり緊張気味だった生徒たちも、いざ落語が始まると堂々とした語り口で話を展開。英語での落語を、少しでもわかりやすくするために小道具を使ったり、表現方法を工夫するなど、各グループともそれぞれに工夫を凝らし、すばらしい落語を披露してくれました。
その後開かれた、全校生徒による「お別れ集会」では、かけがえのない友となった4名の留学生との別れを惜しみつつも、明るく笑顔で留学生たちを見送りました!!今後も、このようなすばらしい交流が長く続くことを心より期待しています。

実践報告一覧へ

2009年度

2010年3月24日~26日
JICA高校生国際協力スプリングセミナー2010に5名が参加
3月24日~26日の3日間、大阪のJAICAで行われた『JICAの高校生国際協力スプリングセミナー2010』に、生徒会の生徒4名が参加しました。
発展途上国の子どもたちを通して世界の現状を知ることをテーマに、他校の生徒とディスカッションをしたり、グループワーク、発表をしたりしました。
また、日本に研修に来られているメキシコの方とも交流をし、充実した時間を過ごしました。
ここで学んだことは、今年の生徒会活動に繋げていく予定です!!

実践報告一覧へ

2010年3月8日~3月18日
Marist Sisters' College Woolwichへ第3回短期交換留学5名
今年度は本校より選抜された5名の生徒が短期交換留学に参加しました。短期留学中は、本校の国際交流提携校である「Marist Sisters' College Woolwich校」で学び、マリスト校の生徒のご家庭をホームステイ先とし、バディ生徒と共に登下校しながら実践的な語学力やコミュニケーション能力を身に付けます。
短期留学中、5名の生徒たちは「マリストシスターズ」にて、さまざまな授業に参加しました。「日本語」の授業では、先生になって発音指導をしていしたり、ロボット制作に参加するなど色々な授業を体験しました。ある日の授業では、インターネットで日本のサイトを見ながら日本の文化や芸能についての話をしました。お互い女子高生ということで、「嵐」や「花より男子」など日本のかっこいい男の子の話で盛り上がりました。その他にも、体育の授業やダンスの授業にも参加。特にダンスの授業では、モダンバレエに近い本格的な創作ダンスが行われており、生徒は6名という少人数。先生と話し合いながらオープンスクールで発表するダンスを完成させていく過程を見学し、本格的な内容に感激しました。また、「家の間取のデザイン」「写真」「ジャグリング」とバラエティに富んだ授業もあり、日本にはないクリエイティブな内容に生徒たちも感心していました!!
短期留学の10日目は、アイルランドにキリスト教を広めた聖人聖パトリックの命日であり、カトリックにおける祭日にあたる「セントパトリックデイ」。ということで、みんなアイルランドのシンボルカラーである緑色のものを身に付けていました。当日行われた宗教の時間では、聖書からの一節に関する物語を絵にして発表する授業が行われ、本校生徒はマリストの生徒の説明を聞きながら、一緒に絵を完成させました。生徒たちは、このような日々の体験を通し、英語だけでなく文化や歴史などさまざまなことを体当たりで学んでいます!!
短期交換留学最終日。全校集会では、本校生徒たちの挨拶が行なわれました。「今から明浄の生徒たちがお別れの挨拶をします」という司会の先生の声に、マリストの生徒たちは、みな残念な表情を浮かべため息をもらしていました。本校生徒たちは、壇上でみんなの姿を前に、涙しつつも立派に英語でお別れのスピーチをし、マリストの生徒達も大きな拍手でこたえてくれました。
その後、ホストの生徒たちと記念写真!ホストの生徒の5人のうち3人は、4月に本校に交換留学で来ます。再会を約束し、お別れしました!!

実践報告一覧へ

2010年1月19日
ユネスコ招聘韓国教員との交流(国際授業)
ユネスコ国際教育交流事業による韓国からの先生方30名が本校を訪問されました。自由選択科目の授業見学後、7時間目に各学年の特進コースで、韓国の文化や韓国語に関する授業をしてくださいました。初めて間近に見る韓服、初めて耳にする生の韓国語に接し、生徒たちは感激し、韓国に対する興味をますます深めたようでした。その後、本校の教職員、保護者との交流会を行い貴重な意見交換の場となりました。これを機会に今後もお互い交流を続けていけるようにと願っています。

実践報告一覧へ

2009年12月5日~13日
台湾彰化高級中学での高校生国際会議に代表生徒4名派遣
12月5日から台湾で行なわれた「高校生による国際ユースフォーラム(「読書を通して世界を変える」-高校生の活動やリーダーシップが世界を変える- 高校生による国際会議2009台湾」)に本校の生徒4名が日本代表校として出場しました。
参加国は日本、台湾、アメリカ、カナダ、スワジランド、イスラエル、ドイツの学生たちで、2日間にわたって行われた会議本番では、大きな会場で約2000人の聴衆を前に各自の読書体験をもとにプレゼンテーションを行うなど、各国の高校生たちと意見を交換しました。
会議終了後は、台湾彰化市にある「彰化高級中学校」に滞在し、学校見学や現地の高校生たちとのアクティビティを通して文化交流を行ったり、台風によって大きな被害を受けた南投県にある小学校を訪問し、現地の子供たちとの交流の中で日本の文化を伝えたりと、精力的な活動を行いました。
また、チャリティイベントでのプロモーション活動や、障害者孤児施設訪問というボランティア活動にも参加し、貴重な体験を得ることもできました。
この会議を通して、様々な人と出会い、様々な経験をする中で、一回りも二周りも成長した4名の生徒たちは、「言葉では表現できないくらいすばらしい体験だった」と、この会議での充実した時間を振り返りました。

実践報告一覧へ

2009年4月20日~27日
Marist Sisters' College Woolwichからの第2回短期交換留学生3名受け入れ
オーストラリアの姉妹校である「Marist Sisters' Woolwich校」から3名の留学生が本校に短期交換留学に来ました。
「歓迎セレモニー」では、校長先生や生徒会長によるスピーチのほか、剣道部による演舞や吹奏楽部による演奏ステージが披露され、生徒全員で留学生たちの来校を歓迎しました。
その後、留学生たちは本校の授業やクラブ活動に参加。本校の生徒たちとの交流やホストファミリーとの生活を通して、日本の言語や文化について学びました。

実践報告一覧へ

-->

PAGEUP